about

ペインターDonateraと野良芸術家hiderinoによるユニット。
二人の名前を繋げてDonateRino。

“BOOKS” という屋号ですが、書店であることを限定するのではなく、2人の生み出していく作品群をZineという小ロットのアートブックに紡いでお届けすることをベースに、アート作品や派生的なグッズなども一緒に手にとっていただけるウェブストアを目指します。

-Donatera----------
2009年から独学でペインターとして、屋内外問わず活動。
キャンバスに描くモチーフは「日常をドラマチックに」をテーマに、映画や写真、ファッションからインスピレーションを得ている。
見る人の心に寄り添い、時には情熱を喚起させる絵を目指しています。
制作過程では、着なくなった服やビーズなど愛着のあるマテリアルを埋め込み新しい価値観を見出す試みを。
イベントでは、ストーリー性のある変化するライブペイントをしたり、アートを通して季節や場所に合わせた空間のドレスアップにも意識を拡げます。

2012年、世界的サーフブランドO'neillの「Global Art And Innovation Tour」に作品を提供、オークションへ。
2013年、スイス発の国内時計メーカー「Libenham」のデザインコンテストで最優秀賞、商品化。
2015年、atre恵比寿の18周年イベントではライブペイントパフォーマンスを。
FUJI ROCK FESTIVAL 2015のゴミ箱デザインに採用される。

ポートフォリオサイト
http://donatera.jp/

-hiderino----------
野良芸術家。
美・芸術学校、所属ギャラリーなどのバックグラウンドを持たず活動拠点にも縛られない野良育ちの芸術家。 細密なタッチが特徴のペン画や水彩画、彫塑彫刻作品、あやつり人形制作、映像制作、ファッションの技術を活かして布地を扱う作品づくりなども行う。 平面・立体・写真・映像を組み合わせた縦横無尽な表現スタイル。

最近の活動
2013年、千代田芸術祭3331アンデパンダンにレリーフ作品『BODY & SOUL / 心と身体がいつもひとつとは限らないわ』出品。
2014年ハロウィーンに誕生したあやつり人形『オレゾンビ』が各所を徘徊。海外メディアにも取り上げられる。
2015年TRANS ARTS TOKYOでもオレゾンビのパフォーマンス。
2016年、音楽とライブペイントと映像のイベント『月夜の森に』にて映像を担当。 同年、劇団 江戸間十畳の公演にて美術監督を務めることが決定。
Donateraとの協働でDonateRinoとしてアートブックの制作なども行う。

ポートフォリオサイト
http://hiderino.jp